2018年4月11日にテレビ東京系列で放送された「ソレダメ!」では、乳酸菌が含まれるヨーグルトについて、食前食後、朝昼晩などのタイミング、乳酸菌を増やす食べ物やレシピについて紹介しました。

最近はR-1など様々なヨーグルトが発売されていますが、ヨーグルトを食べる正しいタイミングは食後であること、さらに夕食後が良いことが分かりました。

乳酸菌を増やす食べ合わせとして、ドライフルーツが好ましく、特に食物繊維の多いドライブルーベリーがヨーグルトの乳酸菌を増やす効果が高くなっていると言うことです。

また、「ソレダメ!」では、乳酸菌を増やしてくれる丼の作り方も紹介しましたので、レシピを掲載しました。

乳酸菌は腸内で働くことが多いのですが、実は口の中でも歯周病菌を撃退する役割があることが分かりました。

歯周病菌は口臭の一番の原因なので、口の中を清潔に保つことと、乳酸菌を含むヨーグルトなどの食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

ソレダメ!最近よく聞く機能性ヨーグルトとは?

ヨーグルトには、ヨーグルト1mlあたり1,000万個も生きた乳酸菌が含まれているんですね。

しかもそれが法令で定められているのですから驚きです!

最近では機能性ヨーグルトが増えています。

例えば、免疫細胞を活性化するR-1、脂肪の吸収を抑えて内臓脂肪を減らすガセリ菌SP株乳酸菌、ビールなどに含まれるプリン体を分解して尿酸値を抑えるPA-3乳酸菌などを聞いたことがあるかもしれません。

このように乳酸菌にも種類があり、腸内で様々な働きをしてくれるのです。

ソレダメ!ヨーグルトの食べ方の正しいタイミング

ソレダメ!ヨーグルトの食べ方の正しいタイミング
画像引用元:https://www.photo-ac.com

 

ヨーグルトはいつ食べても乳酸菌が働いてくれるとは限りません。

乳酸菌に働いてもらうためには食べるのタイミングと組み合わせが大事です。

空腹時にヨーグルトを食べてしまうと、胃の中の胃酸の酸度が強く、せっかく食べたヨーグルトの乳酸菌が死んでしまいます。

1mlあたり1,000万個もある乳酸菌ですが、せっかくヨーグルトを食べても多くの乳酸菌は死んでしまうのですね。

ヨーグルトは食後に食べるのがベスト

ヨーグルトは食後に食べるのがベスト
画像引用元:https://www.photo-ac.com

 

これではもったいないので、ヨーグルトは食後に食べるのが正解です。

食事をしたあとは胃酸が薄まっているので、乳酸菌が働いてくれて、腸の活動を弱めたり便秘の原因となる悪玉菌をやっつけたりしてくれます。

乳酸菌は腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしてくれるので、便秘に効果があるのですね。

でも、安心してください。

途中で死んでしまった乳酸菌も、まったく役に立たたないわけではありません。

死んだ乳酸菌は、乳酸菌のエサになったり、悪玉菌を絡め取ったりするので、意外と役にたつのです。

ヨーグルトは夕食後に食べると効果的

さらに「ソレダメ」によると、乳酸菌を夕食後に摂ると、寝ている間に腸が活動的になるので良いそうです。

ですので、ヨーグルトは食前ではなく食後に食べるようにしましょう。

それも夕食後です。

朝食でヨーグルトを食べるイメージが強いですが、乳酸菌を生かす食べ方は夕食後だったんですね。

ヨーグルトを食べる量は、1日100gが目安です。

同じヨーグルトを2週間食べ続けると、自分にあう乳酸菌が分かるらしいので、2週間は続けてみましょう。

最初は色々と試してみるのが良いようですね。

ソレダメ!ヨーグルトは食物繊維と一緒に食べよう!

ソレダメ!ヨーグルトは食物繊維と一緒に食べよう
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

ヨーグルトは、生の果物や果物の缶詰、ドライフルーツと一緒に食べたりしますね。

では、どれが一番ヨーグルトと相性が良いのかご存知でしょうか。

ヨーグルトは生の果物と食べる人が多いかと思いますが、答えは「ドライフルーツ」です。

リンゴを例に取ると、生のリンゴだと100gあたり食物繊維は1.4gですが、ドライフルーツのリンゴは8.7gと約7倍も食物繊維が多いのです。

食物繊維が多いドライフルーツは何?

ソレダメ乳酸菌ドライブルーベリー
画像引用元:https://www.instagram.com/shin3150/

 

ドライフルーツの食物繊維は乳酸菌のエサとなり、乳酸菌を増殖させます。

ドライフルーツの中でも特にオススメなのが、ドライブルーベリーです。

ドライブルーベリーには100gあたり17.6gも食物繊維が含まれています。

実に、リンゴの2倍です!

ヨーグルトには、ドライブルーベリーを入れて食べましょう。

ソレダメ!乳酸菌をたっぷり取る丼レシピ

ソレダメ納豆キムチチーズ丼
画像引用元:https://www.instagram.com/shin3150/

 

乳酸菌を取る方法はヨーグルトだけではありません。

「ソレダメ!」で紹介されたのは、「納豆キムチ玉ねぎチーズ丼」です。

キムチにも乳酸菌が含まれているのですが、キムチの乳酸菌が納豆菌をエサに乳酸菌を増やしてくれるそうです。

納豆キムチ玉ねぎチーズ丼の作り方

材料:ご飯、とろけるチーズ、納豆、キムチ、玉ねぎ

 

①あつあつご飯にスライスされたとろけるチーズを乗せる。

②ボールで納豆、キムチ、玉ねぎを混ぜ合わせる。

③混ぜた納豆、キムチ、玉ねぎをご飯にかける。

 

これだけなので簡単ですね!

ソレダメ!乳酸菌は口内でも働いている

乳酸菌はなにも腸の中だけで働いているわけではありません。

乳酸菌は腸以外でも口の中で口内環境を良くしてくれて、歯周病の予防にもつながるのです。

歯周病は成人の8割がかかっていると言われる現代病ですが、乳酸菌は歯周病菌を撃退してくれる効果があります。

歯磨きをすると乳酸菌は流れる?

では、歯磨きをすると乳酸菌が流れ出てしまいそうですが、果たしどうなのでしょうか。

乳酸菌には吸着力があり、食後30分たてば歯磨きしても流されません。

ですので、食後30分後に歯磨きをすれば、口内の乳酸菌は流されずに済みます。

歯磨きは食後すぐにすべき?

乳酸菌だけのことを考えると、食後30分経ってから歯を磨くのが良いかもしれませんが、お口のためにはすぐに歯を磨いた方が細菌も発生せず清潔に口内を保つことができます。

現実問題として、30分後に歯磨きが出来ないこともあるし、30分待つのも面倒です。

また、納豆キムチ玉ねぎの臭いは強烈なので、納豆キムチチーズ丼を食べたときは、いくら乳酸菌が増えると言われても、そのあとに人と話をするのはかなり勇気がいりそうです。

納豆キムチチーズ丼を食べるときは、休日前の晩ごはんだけにするとか、食べたら歯磨きをしてブレスケア用品を使うようにした方が良いでしょう。

食べ物による口臭の対処方法はこちらにも書いていますので、一読してみてください。

 

→ 口臭の原因と対策~口臭が発生する4つの原因と対策方法

乳酸菌のマウスウォッシュをご存知ですか?

ラクレッシュの「L8020」は、口内環境を整える乳酸菌L8020を使った珍しいタイプのマウスウォッシュです。

商品名に乳酸菌の名前がそのまま使われているので分かりやすいですね。

L8020は、広島大学歯学部の二川浩樹博士によって発見された乳酸菌で、虫歯に一度もかかったことのない子供の口から発見されました。

L8020は、マウスウォッシュによく使われている殺菌剤を使わず、人由来の乳酸菌を使ってお口の中をスッキリとさせることができます。

もし、殺菌剤に不安のある方なら一度使ってみるのが良いかもしれません。

ノンアルコールなので続けやすく、使用後すぐに人と会話してもアルコール臭がしません。

香りは、アップルミントとレモンミントの2種類で、アップルミントは低刺激性、レモンミントはさらに低刺激性です。

「ソレダメ」でも紹介されたように、乳酸菌には歯周病を予防する効果もあるので、ヨーグルトを食べたり、L8020を使って口内を清潔にするようにしたいものです。