日本ではお酒を飲む機会が多いですよね。

歓迎会や送別会、新年会に忘年会、更には花見や暑気払い等々。

加えて仲間内での飲み会や合コンなどに参加して飲む人もいるでしょう。

適度のアルコールは気分をハイにしてくれますし、場の雰囲気も盛り上がり会話も弾みますね。

でも結果的に過度の飲酒になってしまったら話が別です。

仲間に迷惑を掛けてしまうことになり、会社での自分の評価もダダ下がりになる恐れもあります。

こうなってしまっては悔やんでも悔やみきれませんね。

その為にもアルコールとの上手な付き合い方を学ばなくてはなりません。

気分よくお酒を飲む為にアルコールの分解時間を早める方法をみていきましょう。

アルコールの分解を早めることで、口臭も抑制されるので、結果的にエチケット対策にもなります。

ここでは、

・アルコールの分解を早める食べ物

・アルコールの分解を早める成分

・飲む前に摂った方が良いもの

・飲んでいるときに食べた方が良いもの

・翌日二日酔いになってしまった場合の適切なケア

についてお伝えします。

アルコールの分解時間を早める方法、それに有効な食べ物は?

私たちが飲酒したアルコール分のうち2~8%は汗や尿、吐息などで排出されます。

そして残りの90数%が体内で分解されることになります。

体内に入ったアルコールの内20%が胃で吸収され、80%が腸で吸収されるとされています。

飲酒時に一緒に食べればアルコールの分解時間を早めてくれる食べ物にはどんなものがあるのでしょうか?

ニンニク

アルコールの分解時間を早めるニンニク
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

ニンニクには肝臓の酵素をサポートする作用があります。

また肝臓のデトックスに有効なアリシンとセレンを豊富に含んでいるのです。

ただ食べ過ぎた場合の口臭にも是非気を付けましょう。

 

→ ニンニクの臭い消しと翌日の口臭ケアについて

ナッツ類

アルコールの分解時間を早めるナッツ
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

ピーナッツなどのナッツ類にはアルコールの分解時間を早めるビタミンB1が多く含まれていますのでおススメです。

豆腐

アルコールの分解時間を早める豆腐
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

肝臓の為に欠かせない良質のタンパク質が多く含まれていて消化も良いです。

赤ピーマン

アルコールの分解時間を早める赤ピーマン
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

ブロッコリーを凌ぐ多くのビタミンCが含まれています。

このビタミンCには腸からのアルコール吸収をブロックする効果があります。

牡蠣、シジミ

アルコールの分解時間を早める牡蠣
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

牡蠣やシジミは、アルコールの分解と肝臓の保護に役立つオルニチンを豊富に含みます

アルコールの分解時間を早めてくれる成分は?

アルコールの分解を早める方法としては、次の成分の摂取がとても役立ちます。

ビタミンB1

アルコールの分解時間を早めるビタミンB1
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

ビタミンB1は肝臓内でアルコールを分解する時に働きます

従ってビタミンB1が不足するとアルコールの分解が進まなくなってしまいます。

ちなみにビタミンB1は豆、豚肉、レバー等に多く含まれています。

ビタミンB1が不足するとアルコールの分解時間が遅くなってしまいます。

まさにアルコールを燃やす燃料のようなものなのですね。

ビタミンB9(葉酸)

アルコールの分解時間を早めるほうれん草
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

この成分はアルコールを飲むと体内から失われていきます。

不足すると肝疾患や生活習慣病の原因にもなります。

ホウレンソウやアスパラガスなどに多く含まれています。

タウリン

アルコールの分解時間を早めるしじみ
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

健康食品のコマーシャルなどでも耳にしますが、有害なアセトアルデヒドの分解時間を早める働きがあります。

魚介類に多く含まれており、シジミやアサリ、タコ、イカ、ホタテなどに多く含まれています。

オルニチン

アルコールの分解時間を早めるオルニチン
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

タウリン同様の働きがあります。

アセトアルデヒドの分解時間を早める方法としても摂取が有効です。

シジミや牡蠣などに多く含まれています。

タイミング別にアルコール分解時間を早める方法、それに有効な食べ物は?

飲酒後のアルコールの分解時間を早める方法を飲酒前飲酒中飲酒後(二日酔いになってしまった時)の3段階のタイミング別に考えてみましょう。

飲む前に摂った方が良いもの

飲酒前に摂取する事でアルコールの分解を早める方法は以下の通りです。

ウコンを摂取する

アルコールの分解時間を早めるウコン
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

ウコンには胆汁の分泌促進作用があるので肝臓の解毒作用を強化するとされています。

現在ではサプリメントも各種販売されているので、事前に服用して肝臓機能をサポートすることが大切です。

セサミンを摂取する

アルコールの分解時間を早めるセサミン
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

ゴマ由来の有名な成分ですが、これには活性酸素を強力に除去し肝機能を活発にしてアルコールの分解速度を早めるという優れた効果が期待されます。

セサミンもサプリメントで販売されているので、手軽に手に入るようになりました。

牛乳を飲んだりヨーグルトを食べる

アルコールの分解時間を早める脂肪
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

牛乳やヨーグルト等に含まれている脂肪は胃に幕を張ってアルコール吸収をゆっくりにしてくれます

その為、飲酒の30分~60分前に取るのが効果的ですね。

特に牛乳を食前に飲むことは、その後の口臭予防にとっても非常に効果的です。

トマトジュースを飲む

アルコールの分解時間を早めるトマトジュース
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

リコピン」という成分がトマトジュースには含まれていますが、アルコール毒素であるアセトアルデヒドの作用を抑制する作用があります

実際にトマトにはアルコールの分解を促進する作用があることが判明しています。

飲んでいるときに食べた方が良いもの

アルコールの分解時間を早める飲み会画像
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

飲酒途中に取ればアルコールの分解が早まります。

以下の食べ物を摂取するようにしましょう。

肉、魚、チーズ、枝豆、豆腐

アルコールの分解時間を早めるタンパク質
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

一般的なところでは肉、魚、チーズ、枝豆、豆腐など色々あります。

これらに含まれているタンパク質は、肝臓がアルコールを代謝するのに必須の成分です。

適度に食べる事で悪酔いも防ぐことができます。

ニンニク、ニラ、ネギ

アルコールの分解時間を早めるビタミンb
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

ニンニクやニラ、ネギなどにビタミンB1が含まれています。

ビタミンB1も肝臓のアルコールの分解を助けるとされている成分です。

ピーマン、小松菜、イモ、ブロッコリー

アルコールの分解時間を早めるビタミンC
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

ビタミンCは、アルコールの分解に不可欠な成分です。

ビタミンCが含まれる代表的な野菜としては、ピーマン、小松菜、イモ、ブロッコリーなどがあります。

またビタミンCは口臭予防にも有効ですね。

ナッツ

アルコールの分解時間を早めるビタミンE
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

ナッツ類に抗酸化作用のあるビタミンEが多く含まれています

但し、カロリーが高いので食べ過ぎには要注意です。

飲酒後に二日酔いになってしまった時の適切なケア

アルコール分解時間二日酔い
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

つらい二日酔いになってしまったら、まずはアルコールの分解速度を早める方法をトライしてみましょう。

別に特別なやり方がある訳ではありません。

とにかく大量に水分を摂取して酒酔い物質のアセトアルデヒドの分解を促すことが非常に大切です。

二日酔いの口臭で周囲に迷惑をかけてしまうこともあるので、積極的に取り入れたいですね。

水分摂取

アルコールの分解時間を早めるのはスポーツドリンク
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

アルコールの分解時間を早める方法は、まずは多くの水を飲む事です。

アルコールには利尿作用があるので特に飲酒後は体内の水分が尿としてどんどん排出されてしまいます。

その時に水分を補給してやらないと脱水状態になりアルコールの分解ができません。

大量の水分を摂取するようにして、尿として体内のアルコールを体外に排出するようにします。

また飲酒後の脱水状態の時は、嫌な口臭の発生もピークになっていますから要注意ですよ。

二日酔いには、とくに体内に素早く取りこめるスポーツドリンクがおススメです。

アルコールを大量に飲んだ後は身体が脱水症状になっている場合が多いので何よりも早い水分補充が重要です。

同時に二日酔いの時の酷い口臭緩和にも水分摂取は必要です。

しょうが湯を飲む

アルコール分解時間を早めるしょうが湯
画像引用元:https://my-best.com/1364

 

温かいしょうが湯を飲むとアルコール毒素のアセトアルデヒドを排出する効果があります

更に胃腸を正常化させる作用もあるので、吐き気を感じている時にも非常に有効です。

二日酔いには温かい飲み物が良いのです。

シジミの味噌汁を飲む

アルコールの分解時間を早めるシジミ味噌汁
画像引用元:https://jp.fotolia.com/

 

シジミの味噌汁でタウリンが摂取できます。

タウリンは肝臓の解毒作用の促進に有効でアセトアルデヒドの分解も促進してくれます。

アルコールの分解を早める方法としては、タウリンの摂取が有効です。

梅干しを食べる

アルコールの分解時間を早める梅干し
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

梅干しに含まれているクエン酸は、二日酔いで身体の栄養素がアルコールの分解に使われて、細胞がエネルギー不足になっている時の再チャージに有効な働きがあります。

また嬉しいことに梅干しは、口臭の抑制効果も期待出来ますよ。

コーヒーを飲む

アルコールの分解時間を早めるコーヒー
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

コーヒーに含まれるカフェインが、アセトアルデヒドの代謝促進や利尿作用などで、アルコールの分解時間を早める方法として効果が見込めます。

グレープフルーツを食べる

アルコールの分解時間を早めるグレープフルーツ
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

「フルクトース」という果糖がグレープフルーツには含まれています。

フルクトースがアルコールを水と二酸化炭素という最後の段階まで分解するサポートをしてくれます。

口臭サプリメントを摂る

ニンニクの臭い消しにはタブレットニンニクの臭い消しにはタブレット
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

お酒を飲んで二日酔いになった場合、どんなに歯を磨いても口臭は取れません。

そこで、即効性のあるサプリメントを使って、二日酔いの嫌な口臭をカバーしてしまいましょう。

一時的ですが、口臭はカバーすることができます。

サプリメントの良さはなんと言っても手軽に利用できることですね。

サプリメントには、香るタイプや消臭タイプ、腸内環境を整えるタイプがありますが、二日酔いの場合は臭タイプのサプリメントを選ぶようにしましょう。

オススメのサプリメントはこちらにあります。

 

→ 口臭対策サプリおすすめランキングTOP5

血流を良くするように努める

アルコール分解時間を早める入浴
画像引用元:https://jp.fotolia.com/

 

ある程度酔いが覚めてから、ぬるめの風呂に入ったり軽くウォーキングなどで身体を動かすなどして血流を良くしてやります。

そうすることで肝臓にも充分に血液が行き渡って肝臓がフル稼働しやすくなるのです。

アルコールの分解時間を早める方法のまとめとして

アルコールの分解時間を早める主な食べ物をまとめました。

・ニンニク

・ナッツ

・豆腐

・赤ピーマン

・牡蠣、シジミ

アルコールを分解する成分

・ビタミンB1

・ビタミンB9(葉酸)

・タウリン

・オルニチン

飲む前に摂った方が良いもの

・ウコン

・ゴマ(セサミン)

・牛乳、ヨーグルト

・トマトジュース

飲んでいるときに食べた方が良いもの

・肉、魚、チーズ、枝豆、豆腐

・ニンニク、ニラ、ネギ

・ピーマン、小松菜、イモ、ブロッコリー

・ナッツ類

二日酔いになったとき

・水分摂取、スポーツドリンク

・しょうが湯

・シジミの味噌汁

・梅干し

・コーヒー

・グレープフルーツ

・口臭サプリメント

・風呂、ウォーキング

 

アルコールの分解速度を早める方法に関して様々な方法をお伝えしましたが、はっきり言って即座にアルコールの分解を早める方法などそんな夢のような方法はありません。

多少、分解が促進されて早くなるかなというレベルです。

肝心なことは、お伝えした方法を意識しながらもアルコールを自分の適量で抑えることです。

その場の雰囲気に負けて結果的に飲み過ぎてしまうと、翌日に大なり小なり苦みが待ち構えていますから、それは自業自得だと覚悟しないといけませんね。

二日酔いの口臭を抑えるには、とにかくアルコールの分解を早めることです。

酷い口臭で周りをうんざりさせてしまうのだけは避けたいところですね。

人間関係を円滑にするためにも、お酒は適量にくことが肝心です。