歯周病は、歯にこびりつく歯垢や歯石の中の歯周病菌が原因で、歯茎に炎症を引き起こしたり、歯を支えている骨を破壊して歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。

初期段階では痛みがないので、気がついたときには症状が進行していて重症になる例が良く見られます。

歯周病は生活習慣病とも言われ、食べ物や歯みがきの習慣など、日々の習慣と大きく関わっています。

日本人の国民的病気とも言えるほどかかりやすい病気でもあり、口臭の原因にも直接影響を及ぼすので、若いときからケアする必要があります。

だからこそ口臭の原因となる歯周病を予防することで、多くの口臭が防げると言えるのです。

歯周病は、悪く言えば歯茎が腐る病気なので、血と膿(うみ)と腐った食べカスで、近寄っただけで吐き気をもよおすような臭いがします。

それだけに、歯周病がひどくなる前に予防が非常に大切になります。

 

口臭の原因歯周病予防の女性
画像引用元:https://jp.fotolia.com/

歯周病は初期の対策が欠かせない

程度の差はあれど、歯周病は40代以上のほぼ全員がかかっていると言われているほどです。しかし、歯周病だと自覚を持って治療にあたっている人はごくわずかです。

年を取ると症状がはっきりしてくる病気ですが、最近では10代や20代でも症状が急激に悪化するタイプも多くなっています。

歯周病の初期には、痛みや出血などの自覚症状がほとんどないだけに、歯科医で定期的な診察を受けている人以外は、初期の段階で歯周病を見つけることは難しいのです。

自覚症状がないにもかかわらず、口の中の細菌の数は増え続け、症状は着々と進行して行きます。

ではまず、下の図を見ながら説明して行きましょう。

 

口臭の原因歯周病の進行する様子

歯周病の症状①歯肉炎が発症するが自覚症状がない

食事をしたあとに食べかすを放置していると、歯の表面に歯垢(プラーク)と呼ばれる歯の垢(あか)が付着します。

細菌は食べかすを栄養として増殖します。

その数は、1ミリグラムの中に約1億個、口の中には数億個の細菌がいると考えられています。

細菌の毒素が炎症を引き起す原因になり、赤く腫れたり、出血しやすい状態となります。これを「歯肉炎」と呼びます。

歯肉炎は歯周病の初期段階ですが、この段階では自覚症状がほとんどありません。

歯周病の症状②歯石が沈着し、口臭が発生するようになる

歯と歯ぐきの間の隙間を「歯肉ポケット」と呼びますが、健康な状態で0.5~1ミリのわずかな溝があります。

炎症が起きると歯ぐきが膨らみ、歯周ポケットの隙間が大きく深くなって、細菌がより入りやすくなります。

細菌が繁殖すると、歯と歯ぐきの結びつきが破壊されるので、歯の根っこの方へ細菌が入り始め、歯垢と歯ぐきの間に歯石を沈着しながら歯周ポケットを広げて行きます。

歯周ポケットに入り込んだ細菌は、歯ぐきのタンパク質をエサにして増殖するのですが、このときに発生するイオウ化合物が口臭の原因となります

こうなると、普段の歯みがきでは歯周ポケットに入った歯垢は取り除くことができなくなり、常に口臭に悩まされるようになるのです。

歯周ポケットに溜まった歯垢を放置していると、徐々に厚みを増して石灰化し「歯石」を作る原因になります。

歯石はブラッシングしただけでは落ちなくなるので、ますます大きくなるばかりです。

このような状態が続くと、歯ぐきの上にも歯石が沈着し、目で見ても分かるほどになります。

歯石は表面がザラザラしているので、さらに歯垢がつきやすくなり、また歯石が重なって付くと言う悪循環が始まります。

こうなると、歯医者さんで歯石を取ってもらうほかはなく、歯周ポケットが深くなりすぎていると、歯ぐきを切開する手術が必要になることもあります。

ただ、歯周ポケットの形が複雑だと手術も困難となり、いくら処置を施しても口臭を治すことは難しくなるので、こうなる前に気がつくことが肝心です。

歯周病の症状③出血し口臭も強くなる、歯がグラグラする

歯石が蓄積すると、歯ぐきの炎症が急速に進み、歯ぐきが赤く腫れたり、赤黒く変色したりします。そして、出血したり、膿がでたり、歯が浮いたような感じがするようになります。多くの人はここでやっと歯ぐきが腫れていると気が付きます。

炎症を放っておくと、歯の根っこを取り囲む歯槽骨(しろうこつ)と呼ばれるアゴの骨や、歯槽骨と歯の根っこをつなぐ組織にまで炎症が広がり、モノを噛むと歯がグラグラしたり、歯みがきをすると大量に出血したりして、口臭も強くなります。

この段階で治療をしないでおくと、最終的に歯を支える組織が崩壊して歯が抜けてしまいます。

口臭の原因の歯周病を予防することで多くの口臭は防げる理由とは?

以上のように、歯周病は初期の段階では静かに忍び寄るガンのように進行するので、気づくのが遅れがちです。

そのため、日本人の40代以上の8割が歯周病にかかっていると思われます。

と言うことは、8割の日本人の口臭が歯周病が原因で起こっていると言うことなので、歯周病を予防することで多くの口臭は防げると言うことになります。

もしかしたら貴方も歯周病にかかっているかもしれません。

口臭予防のためにも、まずは歯科医院を受診してみましょう。

口臭の原因の歯周病を予防することで多くの口臭は防げる理由とは?のまとめ

歯周病は、血液や歯ぐきの細胞、死滅した細菌のタンパク質が分解されることによって臭いを出す物質になり、口臭の原因となります。

軽度の歯肉炎なら人が気にするほどの口臭は発生しませんが、歯周病になると必ずと言っていいほど口臭が発生するようになります。

口臭予防のためには、家庭での歯周病対策はもちろん、歯科医院で定期的に口の中をクリーニングしてもらい、細菌の数を減らすようにコントロールしなければなりません。

怖いのは歯肉炎の初期段階で自覚症状がないことなので、3ヶ月に一度は歯科医院で検査してもらうようにしましょう。

ただ、多くの人は、ここまで病的な悪臭ではなく、ちょっと臭うような口臭で悩んでいることが多いのですが、将来的に少しでも自分の歯を残すことを考えれば、口臭対策だけではなく全身の健康の観点からも歯周病予防は欠かせないのです。

 

関連記事

→ 口臭の原因と対策~口臭が発生する4つの原因と対策方法

→ 口臭のチェック方法~自分で口臭がチェックできる10の方法