私たちが常日頃から非常に不快に感じる臭いは色々とありますが、その中でもタバコの臭いはワースト3に入る位に嫌われる臭いではないでしょうか?

その嫌な臭いを消す方法はあるのでしょうか?

タバコに関しては様々な健康被害のリスクが叫ばれていますが、喫煙者本人よりも周りの人達が被る副流煙の毒性の方が何倍も高いとされています。

更にタバコの臭いもこれだけ嫌われているのであれば、正に百害あって一利なしですから、完全禁煙するのが正解なのでしょうが、世の中にはどうしても禁煙できない或は禁煙する気がない人も多いでしょうから、喫煙しつつ口臭を少しでも抑制する方法を考えてみましょう。

ここでは、

・タバコの成分

・タバコの臭いを消す8つの方法

についてお伝えします。

口臭の原因となるのはタバコのどんな成分か?

 

口臭でタバコの臭いを消す方法
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

タバコには人体に有害な化学物質が数多く含まれていますが、口臭の原因となるものという観点から見ると以下の二つの成分が挙げられます。

ニコチン

ニコチンは独特の臭いを持つ極めて毒性の高い物質です。それがタバコを吸うことによって口内にニコチンが付着することが口臭の一因となります

しかもこれだけではなく、ニコチンは血液の流れを阻害するので口内環境の維持に大切な唾液の分泌量を減少させて、口内細菌の増殖を促進して口臭を発生しやすくするのです。

タバコの中毒性はニコチンの影響です。ニコチンは非常に依存性が強くヘロインやコカイン並みとされており、禁煙が極めて困難な理由でもあります。

タール

一般的にはタバコのヤニと呼ばれているものです。

しかも有害物質の集合体とも言えるもので「歯がまっ茶色になってしまった」「部屋の壁が茶色に変色してしまった」などはタールがその原因です。

そんな有害物質のかたまりを体内に入れるのですから当然、肺の中もタールでこってりと変色してしまっているのは間違いありません。

このタール自身も悪臭の原因になります。

またタバコを吸うときには一酸化炭素が発生しますが、この一酸化炭素は口内の酸素量を減らしてしまう働きがあり、結果的に酸素濃度の薄くなった口内は細菌の繁殖に都合の良い環境となり口臭発生に直結します。

臭いを消す方法はあるのでしょうか?

特に上記のタールから発生する悪臭の元が「アセトアルデヒド」「アンモニア」「酢酸」で、これらが著しい悪臭を放って相手を非常に不愉快にするのですね。

タバコの臭いを消す方法にはどんなものがあるか?

タバコの臭いを消す方法と言っても、これさえ実行すれば万全!というような妙案はありません。

最も根本的で、確実な改善方法は当然ながら完全禁煙することですが、それが出来ない場合にも極力タバコの臭いを消す、口臭を抑制する方法を8つお伝えします。

1.タバコを吸いながらコーヒーを飲むのは絶対NG!

 

タバコの臭いを消すにはコーヒーを飲んではいけない
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

コーヒーとタバコは最悪の組み合わせと言えます。

コーヒーには利尿作用があるので飲み過ぎたりすると体内の水分がどんどん尿として体外に排出されてしまい脱水状態になりやすくなります。

身体が水分不足の状態の時は唾液の分泌も充分になされず、口臭発生の大きな原因になります

2.タバコを吸った後に深呼吸をする

 

タバコの臭いを消す方法は深呼吸すること
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

深呼吸なんて効果があるのか?って思われるかも知れませんが、タバコを吸った後に深呼吸を繰り返し行ってタバコの煙を出来る限り体外に排出することです。

喫煙直後の肺の中にはタバコの煙が10分程度は残留すると言われています。

これをポンプのように深呼吸で肺の中に残っている臭い煙を体外に吐き出しましょう。

タバコの臭いを消す方法としては極めて直接的で即効性のある方法です。

3.タバコを吸った後に水分補給をこまめに行うこと

 

タバコの臭いの口臭を消す方法は水分補給
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

ドライマウスを防ぐ為にも適度な水分補給をこまめに行うことが重要です。

口内が乾燥するということは唾液が不足しているということです。

唾液不足は口内の細菌増殖を促進させてしまうので口臭の発生を促進することになります。

適度な水分補給で唾液の正常な分泌をサポートしてやりましょう。

これがタバコの臭いを消す方法としても有効であるだけでなくタバコの有害物質が付着して汚れている口内を洗い流して清潔に保つという意味もあります。

水分を取る場合には糖分の多く含まれた飲料ではなく緑茶が良いでしょう。

抗菌作用のあるカテキンも摂取できて、タバコの臭いを消す方法としても役立ちます。

唾液の分泌を促進させる為には、早食いは止めるべきです。

食事はしっかりと噛んで食べることを心掛けましょう。

なかなか早食い習慣が改められないなら、あえて噛まざるを得ないものを食材として選ぶのも手ですね。

例えば納豆、昆布、ごぼう、たけのこ、きのこ、海草など食物繊維が多いものは必然的に噛む回数が増えるので唾液の分泌が高まります。

唾液の分泌が増えれば口臭抑制につながるので、タバコの臭いを消す方法としても有効です。

 

→ 緑茶の効能・飲み過ぎると大変なことになる?過剰摂取に注意!

4.ガムを噛む習慣を付ける

 

タバコの臭いを消す方法はガムを噛むこと
画像引用元:https://premium.photo-ac.com/

 

ガムを噛むと唾液がより分泌されやすくなり、タバコの臭いを消す方法として口臭抑制に効果があります

糖分の取り過ぎを防ぐ為にもキシリトール入りのガムの方が良いかも知れませんね。

5.梅干を食べるようにする

 

タバコの臭いを消す方法は梅干しを食べること
画像引用元:https://pixabay.com/ja/

 

梅干をイメージしただけで唾液が分泌されるのを感じるのではありませんか?

唾液分泌を活発にするだけでなく、梅干しの酸には殺菌効果もあるのでタバコの臭いを消す方法としても手軽に実行できます。

カリカリ梅などは携帯にも便利ですね。

6.タバコを吸った後に歯磨きとマウスウォッシュ

 

マウスウォッシュは目的で選ぶ
画像引用元:https://jp.fotolia.com/

 

タバコを吸った後に歯磨きで口内に付着した口臭の元になるタール成分をきれいに除去してから、マウスウォッシュで仕上げに口をすすぎます。

タバコの臭いを消す方法として大変お勧めの方法です。

更に歯磨きだけでなく、専用の舌ブラシで舌表面に付着したタール成分も掃除するようにしましょう。

タバコの臭いを消す方法としては、歯磨きだけでは足りません。

是非、舌もきれいに保つようにしてください。口臭防止に効果大ですから。

尚、専用の舌ブラシは薬局等で購入出来ますよ。

 

→ マウスウォッシュおすすめランキングTOP5~口臭を予防するマウスウォッシュ第1位は?

7.口臭タブレットを使う

歯を磨く時間がない、外出先で歯を磨けない、でも恋人と会う約束があるなんてときは、タブレットが便利です。

あくまでも応急処置ですが、ミントなどハーブ系の香りでタバコ臭い口臭をカバーすることができます。

タブレットの良さは、即効性があるだけでなく、持ち運びにも便利なことです。

固形なので、いざと言うときのためにいつでもカバンにしまっておけるので便利です。

タブレットは、水を使う必要もないので口に放り込んでおけば、数時間は効果が期待できるので使ってことをオススメします。

口臭だけでなく、飲むことで体臭そのものをカバーしてくれるタブレットもあるので、日ごろから体臭が気になる方は使ってみるのも得策です。

タブレットの良さは、気軽に口臭対策ができることなので、積極的に活用してみましょう。

 

→ 口臭対策タブレットおすすめランキングTOP5

8.歯科医院にて定期的なオーラルケアを受ける

 

タバコの臭いで口臭を消す方法は歯科医院の検診を受けること
画像引用元:https://jp.fotolia.com/

 

これは口臭予防だけでなく、万病発症の入り口となる歯周病予防にもなり非常に重要です。

喫煙者には歯周病の患者が非常に多いとされていますから。

歯の定期的なメンテナンスということで各歯科では歯科衛生士が正しいブラッシングの仕方や歯間

ブラシの使い方などを丁寧に教えてくれます。

数回行くだけで、正しい歯磨きの仕方を覚えるので、あとはそれを習慣化すれば良いのです。

タバコの臭いを消す方法としても、最もベーシックで有効な方法です。

常日頃から歯磨きの度に出血しているあなたも、オーラルケアを受診すれば1~2カ月で出血もピタリと止まります。

当然、口臭抑制にも役立ちますしね。

口内環境の改善に寄与すること多大です。

 

→ 口臭の原因の歯周病を予防することで多くの口臭が防げる理由とは?

タバコの臭いを消す8つの方法のまとめ

では、最後にタバコの臭いを消す方法をまとめてみましょう。

 

1.タバコを吸いながらコーヒーは飲まない

2.深呼吸をする

3.水分補給をこまめに行う

4.ガムを噛む

5.梅干しを食べる

6.歯磨きする

7.タブレットを使う

8.歯科医院でオーラルケアを受ける

 

タバコの臭いは大きく二つに分けられます。

口内のタール付着による口臭」と「唾液の分泌が不足することにより口内の細菌が繁殖して発生する口臭」です。

日々の継続的な対策としては、この二つに対処することが大切です。

加えて喫煙者の人は歯科医院で歯周病のチェックを受けてください。

もし歯周病を発症しているなら、これまでの対症療法だけでは口臭は改善しません。

歯周病治療を最優先させるべきです。

日本臨床歯周病学会の報告では、「歯周病になるリスクは、タバコを1日10本以上喫煙した場合、5.4倍になり、10年以上喫煙を継続している場合は4.3倍となって重症化しやすい」とのデータがあります。

喫煙者が歯周病の場合は、口内のケアだけでは口臭は改善しません。

まずは根本的な歯周病治療が第一優先となります。

それと並行して口内のケアも実施することが必要です。

歯周病の改善と共に口臭に関してもコントロール可能になるのではないでしょうか。